新型コロナウイルスで注目「室内換気」の重要性とその手法

新型コロナウィルスの影響で、今までより換気に気を付ける人が増えています。自分や家族が健康的に過ごすためにはもちろん、換気には他にも家にとってもメリットがあると知っていましたか? そこで、重要性は知っているものの、意外と知らない換気の具体的なメリットとその方法を見ていきましょう。

部屋の換気は正しく行おう

換気とは室内の汚れた空気と室外の新鮮な空気との入れ替えです。換気をしないと室内は、二酸化炭素の濃度が高くなるほか、人の出入りが影響しハウスダストや花粉、さらに昨今では気になるウイルスなども増えてしまいます。部屋が広ければ換気の必要がないと思う人もいるかもしれませんが、室外の空気との入れ替えが重要です。

では、正しい換気をするためには何に気をつければいいのでしょうか? 厚生労働省が提案している適切な換気方法には「窓の開放による方法」と設備や機械を利用した「機械換気を使用する方法」があります。まず基本的なのが窓の開放による換気です。これは2箇所の窓を開け風の通り道を作り、家の中の空気を入れ替えるという方法です。換気の目安は1時間に2回以上だということです。

ここで開ける窓は2方向ですが、窓が1方向にしかない場合はどうすればいいでしょうか? その場合はドアを開けたり、キッチンの換気扇を回したりして空気の流れを強制的に作りましょう。換気扇の他にもサーキュレーターなどを使って換気を促すのが「機械換気を利用する方法」となります。

空気の入れ替えのほか、換気の効果として除湿が挙げられます。カビや結露の原因となってしまう湿気が多い浴室も、上手に換気することで除湿効果を期待できます。

浴室の換気には換気扇も効果的です。カビや結露の対策として24時間の連続稼働させるのも良いでしょう。住まいを衛生的に保つためにも換気は重要です。

三井のリフォームでは、住まい全体の空気の流れを作り出す間取りや吸気口・排気ファンの設置によって計画的に換気に配慮したリフォームも提案しています。実際に築50年の木造住宅のリフォームでは、間取りの変更だけでなく、キッチンに吹き抜けを作ったり、床面給気口を製作したりと、既存住宅の性能を大きく改善した例があります。

義務づけられている24時間換気システムとは

2003年に定められた改正建築基準法で設置が義務づけられているのが「24時間換気システム」です。これはシックハウス症候群の原因となる化学物質の室内濃度を下げるためにつけられている設備です。特に一戸建てよりもマンションは気密性が高く、自然換気が難しいケースが多くあります。そのため、24時間換気システムで強制的に換気させる必要があるというわけです。

24時間換気システムは、その名の通り24時間連続して換気させるためのシステム。窓を開けなくても外の換気をしてくれ、一般的には1時間で室内の半分の空気が入れ替わるようになっています。壁や天井についた換気口から部屋の中の汚れた空気を外に排気し、室外の新しい空気を給気してくれます。

大雨や強風時は、外からの吹き込みを防ぐために一時的に吸気口を閉じる対応が必要ですが、原則として常に吸気口を開け、システムをオンにしておきましょう。

24時間換気システムは、キッチンや浴室、トイレにある換気扇とは何が違うのでしょうか? その違いはカバーする範囲と換気する力です。24時間喚起システムは時間をかけて家全体の空気を換気してくれますが、換気扇は設置されている場所を素早く換気するという特性があります。それぞれ用途が違うので注意しましょう。効率的な換気のために、場合によっては併用するのもいいでしょう。

24時間換気のフィルター掃除・交換の重要性

24時間換気システムは、ただ空気の入れ替えをしてくれるだけではありません。給気口にはフィルターがついていて、花粉やほこりなどが室内に入らないように排除してくれます。そのため、定期的にフィルターの掃除や交換が必要になります。フィルターの掃除は月に1度が目安となります。フィルターの掃除・交換を怠ると、換気しているつもりでも室内の空気が汚れていってしまったり、換気が正常に行われなかったりします。

フィルターの定期的な掃除や、交換は必要な対応ですが、少し面倒くさいと感じてしまう人もいるかもしれません。三井不動産レジデンシャルでは、物件購入者が会員になれる「すまいLOOP」サイトにて、換気口フィルター&カバー特別割引販売を行っています。忘れがちな交換も、お得な購入方法で定期購入すると、買い忘れもなく、スムーズに交換できます。

24時間動作させるため、音が気になりシステムを切ってしまうという人もいますが、その原因の多くがフィルターの汚れです。汚れを放置していると、風の通りが悪くなり、不必要な音がするというケースがあります。また給気口やフィルター部分に虫が入り込んでしまうと、そこから室内にまで侵入を許してしまう可能性もあります。そう言った観点からも、やはり定期的なメンテナンスは欠かせません。

さらに常時使用すると電気代も気になりますが、稼働するワット数から算出しても毎月数十円から数百円程度といわれています。大きな負担額ではないので、快適に過ごすためにも常時使用するのが安心です。

三井のすまいモールでは過去にも24時間換気の特徴やメリット、換気が必要な理由や換気の方式など、換気の重要性について詳しい説明と紹介を行なっています。法律で義務化された背景にはやはり換気が必要な理由がありますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

三井不動産グループの
住まい情報をまとめて検索

三井のすまいモール

三井のすまいモールは、三井不動産グループ各社の住まい情報をまとめて検索できます。「買いたい、借りたい、建てたい」など新たな住まいを求めている人にも、今の住まいを「リフォームしたい」人にも、「売りたい、貸したい、運用したい」といった住まいの活用を考えている人にも、最適な情報をご提供します。

記事を探す

読んで発見
すまいのヒント

読んで楽しい
くらしのコラム