キーワード災害対策

いざというときのために、地震や台風に対する備えは必要です。三井不動産グループでの取り組みについて紹介いたします。安心安全な住まいを考える上での参考にしてください。

台風などの自然災害から自宅を守る対策とは? いざという時のために事前の備えが大切。台風対策と安心安全な住まいを考える

台風には6月から8月に発生する夏の台風と、9月から11月に発生する秋の台風があります。ウェザーニュースが1991年から計測しているデータによると、強い台風の日本への上陸数は夏よりも秋の方が多い傾向にあるといいます。これは海水の温度と台風が移動するスピードに理由があります。台風は海面から蒸発する水蒸気をもとに発達しますが、海水温度が高い方が発達しやすくなります。そう聞くと、夏の方が海水温度が高いイメージがありますが、水は温まりにくく冷めにくい性質を持っているため、海水温度のピークは秋の方が多いのです。また、秋は偏西風帯が日本付近に南下する影響で、台風の速度が早くなり、勢力が強いまま日本に上陸しやすくなります。つまり、秋こそ台風シーズンといえるでしょう。台風は災害の中でも事前に備えが可能です。実際に台風が発生した際には被害を抑えるように、台風が接近する前に対策しましょう。

詳しく見る

防災のためのリフォーム!どんなものをしたい?

今回は防災対策として「屋根のリフォーム」「外壁のリフォーム」「窓ガラスのリフォーム」「耐震を上げるリフォーム」のうち、どれを行いたいのか日本国内に在住する男女100名にアンケートを取りました。実施概要は以下の通りです。 結果として、1位は「耐震を上げるリフォーム」、2位は「窓ガラスのリフォーム」、3位は「外壁のリフォーム」、4位は「屋根のリフォーム」という結果になりました。

詳しく見る

もうすぐ防災の日! 「隔壁板」から「避難はしご」、「屋内消火栓」まで。使い方を知っていますか?

9月1日は防災の日。防災への備えを再確認する良い機会ですが、防災設備などは、「見たことはあるけれど、実際に使ったことがない」という方も少なくないのでは? 今回、みんなの住まい編集部は防災設備の体験ができる施設があると聞き、体験取材をしてきました。

詳しく見る

意外と盲点だった!?戸建てリフォームでできること・できないこと

リフォームするにあたって間取り変更だけでなく耐震・断熱などの強化も考えましょう一戸建ては一般的にリフォームの自由度が高い建物です。例えばリビングに吹抜けを設ける、窓を大きくする、1階から2階に水まわりを移動するといったダイナミックな間取り変更まで、耐震性が確保できる範囲で可能です。

詳しく見る

「三井の賃貸」プロの現場。 震災対応ハンドブック ー いざという時に備えて 入居者へ地震に対する備えを ー

安全で安心なマンションライフをすごしていただくため、入居者に「震災対応ハンドブック」を配布しています。いつ起こるかわからない地震に備えて、どのような準備をしておけばよいのか。建物の設備に関すること、避難経路に関すること、家族との連絡手段に関することなど、日頃からの準備や情報収集は、安全確保の第一歩となります。

詳しく見る

三井不動産グループのご紹介

マンションの「耐震」「制震」「免震」 構造の違いを解説

東日本大震災以降、地震に対する備えをする人も増えたのではないでしょうか?“地震に強いすまい”を意識すると、目にするのが「耐震」「制震」「免震」の3つの構造。それぞれの違いを理解しているという方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は、それぞれの特徴や違いについてご紹介します。

三井不動産レジデンシャルの情報を詳しく見る

耐震性

三井ホームの、進化した木造壁構法「プレミアム・モノコック構法」 のページです。床・壁・天井の6面体を1単位として空間をつくる「枠組壁工法」に、三井ホームオリジナルの「ダブルシールドパネル(DSP)」「ブロック・アンド・シームレスウォール(BSW)」「トラスフロア(TF)」「マットスラブ(MS)」を加えた最新構法。長年の研究から生まれたテクノロジーの粋を、屋根・壁・床・基礎に集約した、三井ホームならではのモノコック構法です。

三井ホームの情報を詳しく見る

その他の記事を探す