キーワード移住

Uターン、Iターンといった地方への移住や、海外移住。どのような暮らし方なのか詳しく紹介いたします。

自然の中で遊ぶように暮らす夢を、地方移住で実現

キャンプとの出会いが人生を変えた都会からIターンで田舎暮らしを始める人が増えています。埼玉県ときがわ町で“キャンプ民泊”「NONIWA(ノニワ)」を運営する青木さん夫婦も、以前は都会に暮らしていたIターン組。新天地で豊かな人生を手に入れ、自然が身近にある今の生活を満喫しています。何が彼らを田舎へと誘ったのでしょうか?

詳しく見る

ハワイに住む | ハワイでの生活、海外移住

楽園ハワイへ移り住んでから19年。今では毎日のように虹を見ながら、ホノルルの街を見下ろす夢のような丘の上で、優しくてハンサムな夫やかわいい息子達と幸せに暮らしています。しかし山あり谷ありと、かなり遠回りして掴んだ私のハワイライフ。ハワイに移住したのは25歳の時ですが、私の移住生活は18歳の時から始まりました。

詳しく見る

【つくば】子どもに国際感覚と最先端の教育を。移住者が増え続ける研究都市

茨城県つくば市。JAXA(筑波宇宙センター)など、日本の最新科学の研究機関が集まる学術研究都市です。市をあげて教育にも力を入れており、平成24年度から市内の全公立小中学校を中高一貫教育にするなど、独自の教育プログラムを採用しています。「高度な教育を市の子ども全員に提供している」国内有数の“教育の街“で、東京をはじめ他県からわざわざ引っ越してくる子育て世帯も多いそう。

詳しく見る

私が長距離通勤をする理由 Vol.3】  〜生活の一つひとつが学びであり、刺激であり、楽しい軽井沢の暮らし〜

昨今は職場の近くに住む「職住近接」のライフスタイルが注目されているが、一方で、何らかの理由で長距離通勤を選んだ人もいる。高速バスや特急電車、なかには新幹線を使い、都内へ2時間近くかけて通勤する長距離通勤者たち。なぜ、そうまでしてそこに住んでいるのだろうか? 単純にその街が好きということもあるだろうし、あるいは何かやむにやまれぬ事情、知られざるドラマがあるのかもしれない。連載第3回目は、夏の避暑地として人気の長野県軽井沢に移住した櫻井泰斗さんを訪ね、長距離通勤と引き換えに手に入れた暮らしについてお話を伺った。

詳しく見る

その他の記事を探す