キーワード間取

理想の間取りを考えてみませんか。マンション、戸建ての実例のご紹介と、リフォームのしかた、狭い部屋でも快適に暮らすテクニックなどの間取りを考えるコツ・ノウハウを紹介いたします。

どこにいても子供たちの様子がわかるプランで二世帯住宅を実現。

Aさんご夫妻のお住まいは、横浜市磯子区の閑静な住宅街にあります。「長年、住んでいたアパートが手狭になり、子供ももう1人ほしいと思っていた時期でした。自宅のポストに、三井のすまいモールの広告が入っていたんです。その時は、ただ漠然と「家族みんながのびのび暮らせる、広い一軒家がほしい」とだけ考えていましたが、どこへ相談すればいいのかわからずにいました。広告を読むと、すまいモールは“家に関する、あらゆるニーズに応えてくれる”と書いてありました。ここなら自分たちでも相談できそうだと感じ、さっそく訪問してみたんです」とご主人は語ります。

詳しく見る

“間取り”で考える!「子育てを楽しみたい」あなた向けの部屋3選

住まい選びで重要なポイントの1つとなってくるのが、ライフスタイル。一人暮らしや夫婦2人、子どものいる家族など家に住む人数はもちろんですが、「家でも仕事がしたい」「趣味を楽しみたい」「子育てを楽しみたい」など暮らしで優先したいことは人それぞれですよね。住まいに自分たちの生活を合わせるのではなく、ライフスタイルに合わせて住まいを選ぶことが大切です。そこで今回は“子育てを楽しみたい!”という家族にぴったりな間取りをいくつかピックアップ。家族のコミュニケーションが取りやすく、笑顔で過ごせる間取りをご紹介します。

詳しく見る

ライフステージに合わせて住まいを再設計してみませんか

新築・購入当初は問題のなかった“我が家”も永く住み続けるうちに、ご家族の成長、つまり住まう人の“ライフステージの変化”で、愛着のある“我が家”が次第に合わなくなってくるという問題に直面します。団塊世代を中心として、子供の独立、子供の結婚、親のリタイアメント、二世帯同居、夫婦だけの暮らし、セカンドライフ、そして相続問題といった、住まう人に訪れる“ライフステージの変化”に対応して快適な暮らしを実現するため、“我が家”も住まう人とともに“変化させていくこと”が求められます。30年、40年、50年・・・と「大切な“我が家”に大切な家族と暮らし続ける」ためには、ライフステージに合わせた“住まいの再設計”で、「今いる場所でもっと快適に暮らしていく“変化”」が必要なのではないでしょうか。「三井のリフォーム」はプロジェクトチーム制のもと豊富なノウハウと確かなコンサルティングで“我が家”にもっと永く、快適に暮らし続けていくための“ライフステージ別のリフォーム”をご提案します。

詳しく見る

意外と盲点だった!?戸建てリフォームでできること・できないこと

リフォームするにあたって間取り変更だけでなく耐震・断熱などの強化も考えましょう一戸建ては一般的にリフォームの自由度が高い建物です。例えばリビングに吹抜けを設ける、窓を大きくする、1階から2階に水まわりを移動するといったダイナミックな間取り変更まで、耐震性が確保できる範囲で可能です。さらに古い家の耐震性や断熱性を高めることもできます。ただし間取り変更に関しては、工法により制約される場合があります。法規制の範囲で増築もできますが、建築確認申請を行わなければならない場合があるので注意が必要です。

詳しく見る

狭い部屋を広くする裏技 | 引っ越しを考えている方必見!小さい部屋でも大丈夫!? 部屋を広く使うコツを徹底研究

“家具レイアウトシート”を使ってレイアウトをシミュレーション。インテリアコーディネーターとして活躍する多積さん。ヘアサロンなどのショップやホテル、オフィス、個人宅などのコーディネートを幅広く手がけています。「個人のお客さまの場合は、リフォームの内装プランや新居の家具選びをお手伝いするのが主な仕事です。お買い物に同行して家具や照明、カーテンなどを一緒に選ぶこともあります」

詳しく見る

その他の記事を探す