キーワード二世帯住宅

二世帯住宅とは、親の世帯と子の世帯が1つの家で暮らすための住宅です。 設備を共有する場合や、完全に分けてしまう間取りなど、いくつかの種類があります。

どこにいても子供たちの様子がわかるプランで二世帯住宅を実現。

Aさんご夫妻のお住まいは、横浜市磯子区の閑静な住宅街にあります。「長年、住んでいたアパートが手狭になり、子供ももう1人ほしいと思っていた時期でした。自宅のポストに、三井のすまいモールの広告が入っていたんです。その時は、ただ漠然と「家族みんながのびのび暮らせる、広い一軒家がほしい」とだけ考えていましたが、どこへ相談すればいいのかわからずにいました。広告を読むと、すまいモールは“家に関する、あらゆるニーズに応えてくれる”と書いてありました。ここなら自分たちでも相談できそうだと感じ、さっそく訪問してみたんです」とご主人は語ります。

詳しく見る

ライフステージに合わせて住まいを再設計してみませんか

新築・購入当初は問題のなかった“我が家”も永く住み続けるうちに、ご家族の成長、つまり住まう人の“ライフステージの変化”で、愛着のある“我が家”が次第に合わなくなってくるという問題に直面します。団塊世代を中心として、子供の独立、子供の結婚、親のリタイアメント、二世帯同居、夫婦だけの暮らし、セカンドライフ、そして相続問題といった、住まう人に訪れる“ライフステージの変化”に対応して快適な暮らしを実現するため、“我が家”も住まう人とともに“変化させていくこと”が求められます。

詳しく見る

その他の記事を探す