Relife mode

リュウジの爆速丼弁当レシピ | 料理研究家・リュウジの簡単丼弁当レシピご褒美ランチにぴったり!「ビーフ・バターライス弁当」

どうも! 料理研究家のリュウジです!

3月といえば、卒業シーズン。学生さんだけでなく、転勤や転職などで春から環境が変わる社会人の方も少なくないのではないでしょうか。
今回は、そんな門出のタイミングにぴったりな丼レシピ。特別な日や自分のご褒美にもってこいのお弁当を作ってみました!

もちろん簡単にできるので、仕事で疲れているときや気分を高めたいときのランチにも○です! こんなお弁当を食べた後なら、午後からまた頑張れるはず。

それでは、ぜひチェックしてみてくださいね。

◆牛肉×バターは鉄板の組み合わせ!「ビーフ・バターライス弁当」

【材料】(2人分)

ごはん 400g
牛肉 160g
サラダ油 小さじ1
塩 適量
黒こしょう 適量
バター 20g
にんにく 4片
玉ねぎ 1/2個

(A)
うま味調味料 小さじ1
塩 適量
黒こしょう 適量
しょうゆ 適量
ブランデー 大さじ2
小ねぎ(小口切り) 適量

【作り方】

1.

牛肉は食べやすい大きさに切る。フライパンにサラダ油をひいて強火で炒め、塩と黒こしょうをふって一度取り出す。

2.

(1)で使用したフライパンに、バターとみじん切りにしたにんにくを入れて炒める。きつね色になったら、みじん切りにした玉ねぎとごはん、(1)を加えて炒める。

3. (A)を加え、鍋肌にしょうゆをたらし、ブランデーをふってアルコールを飛ばし、火を止める。

4. 器に盛りつけ、小ねぎを散らせばできあがり。

牛肉ってやっぱりテンション上がりますよね。牛肉の旨みがバターライスに絡んで、冷めてもおいしい一品です。ブランデーはウイスキーなどで代用してもOK!
ちょっと奮発して良いお肉を使ってみるのもおすすめですよ!

◆固い状態でも調理OK!「ジャーマン・アボカド」

【材料】

アボカド 1個
ウィンナソーセージ 3本程度
にんにく 1かけ
オリーブオイル 小さじ2

(A)
顆粒コンソメ 小さじ1/2
塩こしょう 適量

【作り方】

1.

アボカドは皮と種を除き、4等分のくし形切りにしてから1cm幅のななめ切りに。

ソーセージはななめ切りにし、にんにくは薄切りにする。

2.

フライパンにオリーブオイルと(1)でカットしたにんにくを入れて炒める。にんにくの香りが立ったら、(1)のソーセージを加えて炒める。
ソーセージに焦げ目がついたら、(1)のアボカドも加えて炒める。(A)を加えて全体になじませたら完成。

栄養も満点で人気のアボカド。生で食べてもおいしいですが、火を通せばまた違った味わいが楽しめますよ!
加熱することでホクッとするので、買ったアボカドがまだ固かった場合でも問題なく食べられます。

◆ラム酒が決め手の上品な味わい「濃厚ラムパンナコッタ」

【材料】

生クリーム 100cc
牛乳 100cc
砂糖 20g
ラム酒 10cc
粉ゼラチン 2g

【作り方】

1.

鍋にラム酒を入れて火にかけ、アルコールを飛ばす。生クリームと牛乳、砂糖を加えて弱火で沸騰しない程度に温める。

2. 水でふやかした粉ゼラチンを入れて混ぜる。ゼラチンが溶けたら、ザルでこしながら容器に入れて冷やす。固まったら完成!

固まるまでには時間がかかるので、前日の夜に作っておいたり、休日にまとめて作り置きしたりしておくといいですよ!
ラム酒が香る濃厚パンナコッタ。くだものをのせるのも相性がいいので、お好みでアレンジしてみてくださいね。

■まとめ

今回は、牛肉やアボカドをはじめとした、皆さんが大好きな食材を使ったレシピをご紹介しました! ボリューム満点でお腹も心も満たされること間違いなしです。

特別な日には、ちょっと手がかかった料理もいいですが、手軽に作れておいしいレシピもいいものですよ。 ご褒美やここぞというときに、「ビーフ・バターライス弁当」作ってみてくださいね!

以上、料理研究家・リュウジがお送りしました!

記事を探す

読んで発見
すまいのヒント

読んで楽しい
くらしのコラム